航空部の素晴らしさ

こんにちは。4年のミヤです。

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!!

今回は航空部がどんな部活なのか、どんな素晴らしいところがあるのかを少しだけ紹介しますね。

僕がこの部活で素晴らしいと思っていること、それはずばり
「景色」ですね。
もともと旅客機が好きだった、というのもあるのですが、体験フライトで初めてグライダーに乗って上空からの景色を見た瞬間、感動して入部を即決しました。

飛行機に乗った事がある人は分かると思いますが、飛行機から見える景色って横の景色だけですよね?
グライダー、真後ろ真下以外、全部見えます!!
それと普段の訓練では飛行する高度が300~1000mくらいなので、地上の建物や車、さらには歩いている人まで詳細に見えます。
逆に言うと、グライダーの操縦には地上物の視認が大切なキーポイントになります。
詳しいことは今は控えますが、気になる人は新歓の時にでも質問してみてください。

また普段の活動は千葉県野田市の関宿というところで行っているのですが、空気の澄んでいる日は富士山はもちろん、東京湾や羽田空港だって見ることができます。

写真だとこんな感じですね。
e0176191_3424950.jpg

これは秋頃の写真です。季節ごとに特徴ある景色が見れるのもまた醍醐味です!
部活のHPに他の写真も載せているので是非見てみてください。
http://tus-soaring-team.jimdo.com/
[PR]
by tus-2473 | 2013-03-29 08:08 | 新歓♪
<< ナロマイン遠征2013 DAY2 順風満帆? >>
トップ

東京理科大学航空部の活動を随時報告しています。 ※コメントいただけるOB・OGの方はお名前の前に入部年度or役職等ご記入ください。
by tus-2473